本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』9号、1985年HEADLINE

役割演技におけるたとえの構造………………………………………………西 村 日出男( 1)
教育と言語一日本語における一考察…………………………………………小 島 一 芳( 5)
個人的自由と社会的連帯―人間形成における目標の設定について―……兼 松 儀 郎(10)
教育人間学におけるボルノーの方法論の一考察
―開いた問いの原理の意義―…………………………………………………広 岡 義 之(14)
誤りについて……………………………………………………………………吉 村 文 男(19)
教育の根本とHについての哲学的一考察―家庭教育を中心に―…………片 山 敬 三(23)
国家編におけるプラトンの能力観……………………………………………山 本 和 子(28)
K.ゴールドシュタインの自己実現理論 ……………………………………中 川 吉 春(32)
「デューイの学校論」―個人と社会の関連を中心にして― ………………上 寺 常 和(36)
木下竹次の学習法における個別的原理………………………………………浅 野 忠一郎(41)
クラップのコミュニティ・スクール実践の意義 ……………………………水 谷   勇(45)
ルビンシュテインの活動概念について………………………………………築 山   崇(50)
通信制生徒の学び方とデューイの経験主義…………………………………三 木 良 明(55)
ブルーナーのコソピテソス理論とその教授学的意義………………………野 中 佳 代(60)
第一自由ヴァルドルフ校における教育方法(1) …………………………田 野 尚 美(65)
明治末〜大正初期における実験教育学の紹介とその受容
―教育学理論レベルでの検討を中心に―……………………………………山 根 俊 喜(69)
自主性の研究―自主性を育てる教育への一提言―…………………………浅 田 和三郎(74)
作文学習における子どもの意識について……………………………………吉 田 幸 司(78)
音楽におけるコミュニケーショソの意味【U】
―“Against Music as Communication”を考える ………………………瀬 戸 郁 子(83)
外国語教育方法についての一考察―英語教育の現況をふまえて―………宇治田   勝(87)
中央教育審議会「経過報告」への若干の疑問
―特に低学年教科再構成について―…………………………………………清 水 毅四郎(92)
沢柳政太郎研究(1)―明治20年代を中心に―……………………………山 口 和 宏(97)
明治末「実験教育学」の一側面
―『教育学術界』誌の一論争記事から―…………………………………小 西   純(101)
真下飛泉研究U―京都お伽倶楽部と真下飛泉―…………………………佐々木 正 昭(106)
仏教教育学の提唱―とくに羽漢了諦について―…………………………永 井 隆 正(110)
芸道師匠考(3)―稽古と工夫― …………………………………………安 部 崇 慶(114)
「非行少年」の学校観―「非行少年」の目から見た学校と学校生活― 小 山 孝 直(118)
職業指導に関する一考察 ………………………………………………西岡正子・竹内義彰(123)
子どもの学級意識……………………………………………………………山 田 敏 子(127)
高校生の喫煙と性行動(T)
―喫煙に対する教師の認識への考察―……………………………………笹 山 忠 財(132)
教育課題に対する地域住民の合意形成についての事例研究……………谷 川 守 正(138)
戦後イギリスにおける中等教育政策の検討(T)………………………佐 野 正 彦(142)
教科書検定制度における教科書制度改善協議会答申の今日的意義……君和田 容 子(147)
「原級留置」に関する基礎的考察 …………………………………………福 田 勝 司(151)
フランス革命期の教員養成―その政治性の問題を中心として―………野 崎 隆 久(158)
国籍・民族・教育―在日朝鮮人教育論のための覚書―…………………中 島 智 子(162)
アメリカにおける日本語学校成立過程(黎明期)………………………田 中 圭治郎(166)
教育におけるコミュニケーション…………………………………………島 崎   保(171)
助産婦学生の教育方略の一研究
―適応と満足感に影響する諸要因について―……………………………大 橋 ミ ツ(175)
モンテツソーリ法研究―受容第一期における挫折について―…………浅 野 弘 嗣(180)
城戸幡太郎の生活保育思想…………………………………………………片 山 忠 次(185)
旧約聖書の子ども観(2)……………………………………………………児 玉 衣 子(190)
アメリカの幼児教育の歴史(1)
―大正期日本に紹介されたアメリカの幼児教育論―……………………橋 川 喜美代(194)
幼年期造形教育の歴史研究(2)―事例から見た大正初期―……………久 山 まさ子(199)
幼稚園における「自由遊び」の実態に関する調査研究…………………福 西 憲太郎(204)
Distancing Theoryの幼児教育への適用…………………………………中 城   進(208)
幼児の音楽能力と家庭環境に関する調査…………………………………福 間 美保子(212)
幼児の音楽活動における動きの表現―リズム・イメージと身体表現― 名須川 知 子(218)
遊びの指導に関する一考察―精神薄弱養護学校の事例を中心に―……梶 谷 健 二(223)

昭和58年度会報 …………………………………………………………………………………(228)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(235)
編集後記…………………………………………………………………………………………(238)