本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』7号、1983年HEADLINE

O.F.ボルノウにおける「存在信頼」についての一考察
―“Die Lebensphilosophie F.H.Jacobis”を手がかりにして―…………田 邊 恭 子( 1)
開放性への教育―ボルノー理解の一視点―…………………………………川 勝 清 司( 6)
教育愛の根拠についての一考察………………………………………………鳶 野 克 己(10)
ルソーにおける知的教育―『エミール』第三篇を中心にして―…………西 村 日出男(14)
厳本善治の女子教育思想―『女学雑誌』社説に見られる― …………坂上優子・湯浅孝子(19)
子どもの精神構造(U)―自律への子どもの情念について―……………建 部 昌 弘(23)
メキシコにお.ける二重言語・文化教育………………………………………松 久 玲 子(27)
中国解放区(延安)における教育の「正規化」と「延安整風運動」 ……中 島 勝 住(32)
自由ヴァルドルフ学校における教育方法に関する一考察
―下級学年のエポック授業を中心として―…………………………………吉 田 武 男(37)
ヘルバルト派の教育学と科学教育論
―バイヤーの科学教育論を中心にして―………………………………………柏 木  正(41)
形象理論と生活綴方教育
―滑川道夫の戦前における綴方教育論の検討―……………………………伊 藤 隆 司(45)
教育基礎としてのタクト論
―健康教育における視聴覚教具の計画的実際的応用―……………………片 山 敬 三(54)
数学教育における一工夫(2)
―幼児期における数の教育について―…………………………松田工・沖田克夫・島崎保(58)
一年生児童(入門期)の文章表現について…………………………………吉 永 幸 司(65)
調べる意欲を喚起する社会科学習のあり方
―小学校中学年を対象として―………………………………………………川 越 達 也(70)
木下竹次「学習法」理論の検討………………………………………………清 水 毅四郎(74)
学校教育における外国語科の目標……………………………………………長 尾 和 英(78)
教育思潮にみる音楽教育学の動向……………………………………………瀬 戸 郁 子(82)
子どもの学級意識
東訓正・湯井康二・深谷昌志・舟越照代上島博・木瀬達也・川口貴三子・佐々木久美子(86)
コミュニティづくりにおける地域社会教育の事例研究……………………谷 川 守 正(91)
戦後教育改革期における教科書検定制度構想の検討
―教育行政機関の役割の位置づけを中心に―………………………………君和田 容 子(95)
教育権の「制度的保障」について一地方教育行政制度研究の一視角
―憲法論からの考察― ………………………………………………………鈴 木 敏 昭(100)
英国の1944年教育法下における学校管理原則とその実際………………植 田 健 男(105)
アメリカ高等教育の変化と問題点 …………………………………………村 田 鈴 子(109)
学校認識における教育概念把握についての一検討
―学校組織論の方法的前提として― ………………………………………久 家 英 述(114)
親の養育態度(2)―地域社会における母親と子ども―
筧田知義・岡田敬司・柳父立一・福西伸行・奥田実・大庭宣尊・中島勝往・小林嘉宏(119)
アメリカにおける早期介入と両親教育……………………………………橋 川 喜美代(129)
ピアジェ課題について………………………………………………………中 城   進(134)
モンテッソーリ法研究一受容の根本間題―………………………………浅 野 弘 嗣(138)
日本保育史上のA.L.ハウの意義
―京阪神「三市連合保育会」脱会を中心に― ……………………………金 子 真知子(142)
通過儀礼よりみた現代の児童観―その3― ………………………………国 家 順 子(147)
自由活動を中心とする保育の教育的意義 …………………………………大 倉 三代子(153)
幼年期の造形教育―造形教育におけるリアリズム― ……………………久 山 まさ子(157)
子どもの未来像をめぐって(U)………………………………………島崎保・梶川裕司(161)
校内暴力に関する一研究
―校内暴力生徒の特性について―………………松下執・斉藤正明・竹本折子・洪上旭(167)
学校における教育相談の一考察
―登校拒否生徒の指導事例を中心に―……………………………………梶 谷 健 二(172)

昭和56年度会報…………………………………………………………………………………(176)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(184)
編集後記…………………………………………………………………………………………(186)