本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』34号、2010年HEADLINE

1.自由研究
教員養成校におけるテラコッタ制作についての一考察 ……………… 山 成 昭 世  ( 1)
学校統廃合とコミュニティ・スクール(2)  ……………………… 大 橋 保 明  ( 6)
苅田南地区における高齢者と子どもの交流プログラム
 ―多世代交流が子どもにもたらす影響― …………………………… 福 島 カヤ子 (11)
対話調という文体について―教育人間学探究からの一報告― ……… 井 上   専 (16)
K. ローゼンクランツの教育の一般的概念について
 ―ヘーゲル教育論の体系化として― ………………………………… 塩 見 剛 一 (21)
E.F. ヤングの教師の資質・力量観について  ………………………… 森   久 佳 (26)
<子どもの可能性>という見方の出現
 ― 1950 年代後半から1960 年代前半にかけての教育論を中心に―
                              … 増 田   翼 (31)
日本・韓国歴史教科書対話の展開と課題 ……………………………… 久 野 佳 世 (36)
日本における文化的再生産論の適用に関する研究 …………………… 武 田 猪久生 (41)
近代日本における人間形成の変化―遊びと子どもを巡って― ……… 久保田 健一郎 (46)
奈良女子高等師範学校における女性研究者養成
 ―草創期の教育方針と野尻校長の東北帝国大学への書簡に注目して―
………………………………………………………………………………… 伊 藤 朋 子 (51)
近代少年向け雑誌『少年界』に関する一考察―読者の分析を中心に― 田 中 卓 也 (56)
スパルタにおける教養の思想―プラトーンのテクストを中心に― … 山 本 和 子 (61)
学習者に“考えさせる”授業デザインを考える
 ― Learner-Centered-Education の視点から―  ……………… 近 藤 隆 久 (66)
伝統芸能と教育 …………………………………………………………… 堀 内 あ や (71)
及川平治の教育方法(7)
 ―三角形の面積の求め方をどのように教えたか― ………………… 伊 藤 真 治 (76)
エゴグラムから見た教師の感情労働とメンタルヘルス ……………… 平 井 正三郎 (81)
教育者(教師)養成についての一考察 ………………………………… 佐 藤 義 男 (86)
幼稚園教育実習の指導における実習指導室の役割 …………………… 阿 部 直 美 (91)
社会人学生の進学先決定に関する調査研究
 ―専門学校生の専門学校意識と大学意識を中心に― ……………… 元 根 朋 美 (96)
現代における専門学校生のニーズ実態 ………………………………… 今 西 康 裕(101)
オーバーナイトハイクの形成的意味(2)
 ―行事が学生の内面に及ぼす影響― ………………………………… 田 岡 由美子(106)
「朝の読書」と生徒指導  ………………………………………………… 中 村   豊(111)
「なかま」間に発生するいじめの特質と
 その要因に関する実証的研究 …………………… 堀 出 雅 人、原   清 治(116)
ネットいじめの実態に関する実証的研究(T)
 ―ケータイの利用時間といじめの相関に注目して―
…………………………………………………………… 原   清 治、山 崎   瞳(121)
生徒理解に関する考察]U
 ―授業における活動の意味を問い直す試み― ……………………… 高 木   聡(126)
学校教育における異文化間教育
 ―小学校の異文化理解教育の実践について― ……………………… 金   今 福(131)
子どもの睡眠と親の養育態勢に関する調査研究
 ―子どもの睡眠時刻を中心に― ……………………………………… 中 井 孝 章(136)
幼児教育と仏教性についての臨床教育学的分析 ……………………… 山 内 清 郎(141)
2歳児の自立をめぐる一考察
 ―「保育者−子−玩具」関係から「子−子−玩具」関係へA―
…………………………………………………………… 谷 口 ナオミ、戸 江 茂 博(146)
保育内容からの一考察―就学前入院患児を中心に― ………………… 岡 本 雅 子(151)
職場実習をめぐる教師のストーリー
 ―盲学校におけるキャリア教育とその困難― ……………………… 佐 藤 貴 宜(156)
老いの「病」や「障害」をリアルに学習するには U
 ―「立ち上がり動作」をモデルとして― …………………………… 山 下 和 典(161)
インクルーシヴな実践における支援員の役割に関する考察 ………… 三 好 正 彦(166)
M.M. クレイのリーディング・リカバリー・プログラムの検討  …… 羽 山 裕 子(171)
「学校に行かない・行けない」子どもの居場所に関する一考察  …… 笹 倉 千佳弘(176)

2.公開シンポジウム
子どもの良心の自由と教育 ……………………………………………… 西 原 博 史(181)
良心の教育について、どのように考えるのか ………………………… 井ノ口 淳 三(186)
「子どもの自由」と市民形成を考える
 ―「イギリス新教育運動」研究を手がかりに― …………………… 山 崎 洋 子(191)
思想・良心の自由な形成 ………………………………………………… 松 田 高 志(197)

3.その他
2009 年度会報  ………………………………………………………………………………(203)
T 理事会 ……………………………………………………………………………………(203)
U 編集委員会 ………………………………………………………………………………(203)
V 第61 回大会報告  ………………………………………………………………………(204)
W 寄贈図書・雑誌一覧 ……………………………………………………………………(211)
関西教育学会会則 ……………………………………………………………………………(212)
『関西教育学会年報』通巻第34 号の執筆要領 ……………………………………………(214)
編集後記 ………………………………………………………………………………………(217)
英文目次(CONTENTS) ……………………………………………………………………(218)