本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』33号、2009年HEADLINE

1.自由研究
後期斎藤喜博における人間観・教育観…………………………………… 増 田   翼  ( 1)
テクスト解釈における「疎隔/帰属」 ………………………………… 伊 佐 佳奈子  ( 6)
O.F. ボルノーの言語観と世界理解の構造
 ―想念の特質と機能をめぐって―……………………………………… 泉   奏 良 (11)
K. ローゼンクランツの教育学体系について
 ―ヘーゲル教育論の体系化として―…………………………………… 塩 見 剛 一 (16)
R. シュタイナーの色彩論について
 ―ヴァルドルフ教育における色彩体験の基礎づけ―………………… 水 田 真 由 (21)
小倉金之助の数学教育論
 ―『数学教育の根本問題』とそれ以降の展開―……………………… 大 下 卓 司 (26)
フレーベル教育学の形而上学的背景―その言語論をめぐって―……… 藪 内 聰 和 (31)
「知育」としての教育が自我形成に果たす役割についての一考察
 ― E.H. エリクソンとP.H. フェニックスの理論に基づいて ……… 戸 來 知 子 (36)
近代児童雑誌『幼年の友』にみる読者意識……………………………… 田 中 卓 也 (41)
近世地方藩儒の学問形成と読書
 ―龍野藩儒股野玉川の学習日記を対象に―…………………………… 渕 上 皓一朗 (46)
学校を取り巻く問題についての教師の認識とそれへの対応
 ―ある公立中学校における教師たちの取り組みから―
 …………………………………… 深 見 俊 崇、 谷 哲 也、廣 瀬 真 琴 (51)
及川平治の教育方法(6)―算術科における分数指導の特徴― ……… 伊 藤 真 治 (56)
学校における生徒と教師の関係性の変化に関する研究
 ―対教師暴言を手がかりに―…………………………………………… 政 田 淳 次 (61)
生徒理解に関する考察]T
 ―授業における「対話」の生成を語る試み―…………………………  木   聡 (66)
学校音楽鑑賞についての一考察
 ―学校音楽と音楽専門家の音楽教育観の相違に着目して―………… 小 山 英 恵 (71)
問題解決型授業を通じた“学習者中心”の授業デザインを考える…… 近 藤 隆 久 (76)
フレネ教育における学級の役割についての考察
 ―マリーキュリー学校の実践から―…………………………………… 宮 橋 小百合 (81)
「保育者−子−玩具」関係から「子−子−玩具」関係へ
 ― 2 歳児の自立をめぐる一考察―…………………………………… 谷 口 ナオミ (86)
保育者の「意図・願い」を見据えた実習日誌の記録の試み
 ―自由遊びの場面と設定保育の場面との比較検討―
                      …阿 部 直 美、村 井 尚 子 (91)
大学における教育の平等(2)―障害学生の「参加」を問う― 打浪(古賀) 文 子 (96)
教師役割の獲得と遂行―盲学校における教育実践の諸相……………… 佐 藤 貴 宣(101)
原学級保障についての考察―特別支援教育の方向性を探る―………… 林   正 樹(106)
老いの「病」や「障害」をリアルに学習するには
 ―「食事動作」をモデルとして―……………………………………… 山 下 和 典(111)
幼老統合ケアに基づく多世代交流の実践と現在
 ―共生ケア社会の構築に向けて―……………………………………… 中 井 孝 章(115)
多世代交流実践の活動内容と各世代に及ぼす意義
 ―大阪市苅田南地区での実践活動を中心に―………………………… 福 島 カヤ子(120)
自治会活動を通して生涯学習から新生涯教育へ
 ―「滝ノ町ふれあい文化サロン」100 回の取り組みを通して― … 西 村 日出男(125)
大学スポーツ入試の実態 ―地方私立A 大学を事例に― …………… 長谷川   誠(130)
模擬授業の導入による「道徳の指導法」の改善研究
 ―概念理解に関する調査研究に基づいて―……… 松 井 玲 子、元 根 朋 美(135)
オーバーナイトハイクの形成的意味―なぜ若者は歩くのか―………… 田 岡 由美子(140)
女子短大生の食意識に関する分析―意識と知識との関係
………………… 中 島 千 恵、坂 本 裕 子、浅 野 美登里、落 合 利 佳(145)
ドイツの移民生徒教育に関する一考察
 ―移民の社会的統合の観点から―……………………………………… 山 本 利 子(150)
中国内モンゴル自治区における民族教育の課題
 ―民族意識に関する実態調査から―…………………………………… ウ ル ゲ ン(155)
国際理解教育に関する調査研究………………………………………………  秦   莉(160)
学校統廃合とコミュニティ・スクール…………………………………… 大 橋 保 明(165)
家庭及び学校の道徳教育に関する一考察………………………………… 佐 藤 義 男(170)
教員のメンタルヘルスとバーンアウトについて
 ―奈良県教員への質問紙調査結果から―……………………………… 平 井 正三郎(174)
幼児教育と長期療養患児についての一考察……………………………… 岡 本 雅 子(179)

2.公開シンポジウム
「足腰」の強い教師の養成―私の求める教師像― ……………………… 船 寄 俊 雄(185)
教員の採用と育成をめぐる政策展開―量的確保と質的向上―………… 栗 山 和 之(190)
スクールリーダー養成の大学院づくり
 ―「理論知・実践知交流論」に基づくカリキュラム開発―………… 大 脇 康 弘(195)

3.その他
2008 年度会報 …………………………………………………………………………………(203)
T 理事会………………………………………………………………………………………(203)
U 編集委員会…………………………………………………………………………………(203)
V 第60 回大会報告 …………………………………………………………………………(204)
W 寄贈図書・雑誌一覧 …………………………………………………………………………(212)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(213)
『関西教育学会年報』通巻第33 号の執筆要領………………………………………………(215)
編集後記…………………………………………………………………………………………(218)
英文目次(CONTENTS) ……………………………………………………………………(219)