本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』29号、2005年HEADLINE

1.自由研究 
新教育期の子ども観の展開
 ―E.ケストナーの児童文学に即して― ……………………………………馬 場 結 子 (1)
S.Kランガーの芸術論の人間形成論的意義
 ―晩年の大著"MIND"(1967-82)を中心に― ………………………………盧  珠 妍 (6)
E.M.アルントにおける子ども観
 ―その基本的枠組みと思想史的背景に関する一考察―……………… 榊 原 志 保 (11)
デューイ思想における時間と教育………………………………………… 國 ア 大 恩 (16)
西田幾多郎「善の研究」とスピノザ……………………………………… 中 井 裕 之 (21)
及川平治の教育方法(2)―道徳教育の視点から― …………………… 伊 藤 信 治 (26)
木下竹次における経験的一元論の展開…………………………………… 岩 花 春 美 (31)
セレスタン・フレネの教育実践における「共同体」に関する一考察
 ―道徳教育の視点から―………………………………………………… 宮 橋 小百合 (36)
西田哲学における道徳と宗教の省察……………………………………… 田 中 潤 一 (41)
総合学習を通じた倫理的思考・判断形成に関する考察
 ―中学校における総合学習合宿の分析から―………………………… 福 山 太 一 (46)
中等教育を一貫する道徳教育の在り方について………………………… 兼 松 儀 郎 (51)
保育実習事前事後指導に関する一考察…………………………………… 岡 本 雅 子 (56)
児童問題に取り組むネットワークづくりに関する研究(2)
 ―児童虐待防止・子育て支援を中心に― ……………………………… 岩 崎 久 志 (61)
子育て支援活動の質的向上を目指して
 ―H大学こども研究センター「こども広場」の活動―………………… 吉 岡 眞知子 (66)
神判に関する一考察
 ―いじめ問題を視野において―………………………………………… 原 田 順 代 (71)
学校現場でのいじめ虐待の実践的研究につい―いじめ加害者の親と
不登校生徒の親との意識の違いを手がかりに―………………………… 政 田 淳 次 (76)
『山陽新聞』に見る子どもの変容 その5
 ―事件・事故記事を通して― …………………………………………… 景 山 雄 二 (81)
台湾の犯罪予防教育………………………………………………………… 山 田 美 香 (86)
長崎小六少女事件を考察する―彼女の心の闇にせまる―……………… 野々村 美 好 (91)
生徒理解に関する考察W
 ―「学び」への問いかけ―……………………………………………… 高 木   聡 (96)
新自由主義的教育改革の中における「軽度発達障害」
 ―障害学における「社会モデル」を手がかりに―…………………… 林   美 輝 (101)
米国ミドル・レベル教育に関する一考察
 ―オレゴン州ポートランド市の事例に焦点をあてて―……………… 岡 村 千恵子(106)
E.キューブラー・ロスと死の教育………………………………………… 高 内 正 子 (111)
共同体意識に関する基礎的調査研究
 ―日本と中国の比較を通して―………………………………………… 杉 峰 英 憲
                                呉     ヨ(116)
世代間交流活動に関する研究………………………………………………黒 澤 佑 介 (121)
教職志望者における教育実習への意識に関する研究
 ―スクールボランティアを重視する学生に着目して―………………芦 原 典 子 (126)
大学生への食育のあり方に関する研究(2)
 ―食品選択時の「表示へのこだわり」に影響を及ぼす要因―………加 藤 佐千子 (131)
平成13年度小中学校教育課程実施状況調査の分析
 ―小学校国語科を中心に―………………………………………………渡 辺 貴 裕 (136)
高等学校における特別活動の現状と課題
 ―高校教育改革と特別活動―……………………………………………西 谷 博 文 (141)
兵庫県北部の高校の統廃合…………………………………………………小 口   功 (146)
公立大学の法人化について
 ―東京都による都立四大学改革と問題点―……………………………村 田 鈴 子 (151)
向山洋一の教育論 ―その語りの形式― …………………………………大 野   僚 (156)
学校教育現場における携帯電話webページ利用の教育効果の研究
 ―小学校連絡帳の配信―…………………………………………………杉 本 耕 一 (161)
情報機器を用いた授業運営の効果に関する研究…………………………山 崎   瞳 (166)
大学における情報教育に関する研究………………………………………藤 田 智 之 (171)
英語の自主学習における教師の役割の分析的研究………………………東 郷 多 津 (176)
言語学習センターにおける語学力向上のためのプログラム作成に関する研究
…………………………………………………………………………………畑 下 仁 美 (181)
英語のFree Writing能力と日本語作文能力との関係……………………平 林 健 治 (186)
英語科教科書における障害者理解教材についての分析
―総合的な学習の時間との関連性についての視点から―………………近 藤 真理子 (191)

2.公開講演
アフリカの女性、子ども、平和………………………………… Dr.Rukudzo J.Mucapa (198)

3.公開シンポジウム
児童虐待防止のためのネットワーク構築のあり方
 ―児童養護施設の立場より―…………………………………………… 徳 岡 博 己 (206)
学校と市町村虐待ネットワークについて
 ―児童虐待防止法と児童福祉法改正―………………………………… 加 藤 曜 子 (211)

4.その他
2004 年度会報…………………………………………………………………………………(220)
T 理事会………………………………………………………………………………………(220)
U 編集委員会…………………………………………………………………………………(220)
V 第56回大会報告……………………………………………………………………………(221)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(228)
編集後記…………………………………………………………………………………………(231)
英文目次(CONTENTS)………………………………………………………………………(232)