本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』24号、2000年HEADLINE

1.自由研究 
アリストテレスにおける自由意志と決定論について ………………………津 田   徹( 1)
シュライエルマッハー『宗教論』における宗教教育 ………………………伊 藤 慶 郎( 6)
現代大衆人の三つの運命
―オルテガと仏教の運命論からの教育的一試論― …………………………長谷川 高 生(11)
ブーバーの教育論―「性格教育」について― ………………………………今 井 伸 和(16)
人間形成の視点からみたゲーテのメタモルフォーゼ ………………………渋 谷 愛 子(21)
フレーベルとドイツ・.ロマン主義
―ボルノウにおけるフレーベル解釈の意義と問題点について― …………榊 原 志 保(26)
「永遠回帰」における教育の重要性について………………………………溝 口 隆 一(31)
新ユレヒト学派における現象学的記述の民主化の試み
―テーマ的分析の方法を中心にして― ………………………………………村 井 尚 子(36)
O.F.ボルノーにおける教育の人間学的見方について……………………石 岡 志 織(41)
女性のアイデンティティと教育
―E.H.エリクソン理論を基軸として―…………………戸 來 知 子(46)(旧姓 松川)
N・ノディングズの「ケアリング」における機作原理としての「自然な」心情
             …………………………………………………新   茂 之(51)
ケアリングにおける「教師―生徒」の関係について ………………………梁   貞 模(56)
日本近世における村落共同体と手習師匠..,
―信州伊那郡手習師匠家小沢家文書より― …………………………………西 澤 敏 昭(61)
日本資本主義黎明期における道徳教育の思想
―森有礼の『倫理書』を中心に― ……………………………………………上 田 浩 史(66)
スウォッドリングの心性
―西洋伝統社会における育児習俗に関する一考察― ………………………佐 藤 哲 也(71)
W.H.キルパトリックの教材観―興味論の展開その1―…………………西 村 美 紀(76)
「情報化」論と学校教育(8) …………………………………………………伊 藤 博 之(81)
「パイデイアスクール」における教育課程編成の原理について…………赤 沢 早 人(86)
奈良女子高等師範学校附属小の合科学習
―木下竹次の学習理論を中心に― ……………………………………………内 藤 由佳子(91)
西郷竹彦の文学教育理論について
―「視点論」に焦点をあてて― ………………………………………………樋 口 太 郎(96)
現職教員研修についての臨床教育学的検討
―現場復帰後に生じる諸課題を巡って―…………………………………本 庄   剛(101)
教師の再教育カリキュラムへの臨床教育学的視点
―大学院における現職教員の研修の反省的検討より―…………………山 内 清 郎(106)
調査報告「高校教員は、今、『現代社会』をどうとらえているか」 …松 本 省 三(111)
生徒「理解」に関する考察
―「事例」による自己言及をとおして―…………………………………高 木   聡(116)
バングラデシュ農村振興委員会の初等教育プログラムに関する一考察
                            ………谷 川 とみ子(121)
朝末期における波日留学生李叔同の美術教育思想とその活動をめぐって
                             ……陳     ?(126)
中国における新教育の受容(4)―駻代英と自学輔導法―………………長谷川   豊(131)
子どもの生活と教育に関する調査研究―日中韓の比較―………………劉   郷 英(136)
子どもの生活と教育に関する調査研究―韓日中の比較―………………姜   玉 子(141)
普通科高校生の英語語彙修得における付随的学習方法と
意図的学習方法の効率性に関する一考察…………………………………平 林 健 治(146)
アメリカの社会科における批判的思考の育成……………………………竹 田 絵美子(151)
高等学校公民科「現代社会」における消費者問題の取り扱い…………岩 井 省 一(156)
オーストラリアの先住民族アボリジニと歴史教育………………………木 下 雅 仁(161)
馬とのかかわりから見える子どもの育ち
―「時間と空間の共有」を軸として―……………………………………峯 ア 友香理(166)
生涯スポーツとスポーツスキルに関する情報
―野球における投動作について―…………………………………………金 田 啓 稔(171)
生涯学習機会に対する適応と学習意欲との関連について
―生涯学習意欲を促進・阻害する要因に関する実証的研究―…高橋 一夫・原 清治(176)
京都美山・大野の出身,世界的名陶工野々村仁清の教育的考察…………野々村 美 好(181)
看護教育における音楽について
―音楽の効用性と音楽嗜好性の視点から― ……………………小林 敬子・山本 恵子(186)
音楽療法についての基礎的研究(1)
―音楽の効用性と病気観の視点から― …………………………山本 恵子・小林 敬子(191)
R・シュタイナーの子ども観と教育 ………………………………………田 野 尚 美(196)
保育の中の「お話」―東洋幼稚園の保育活動を通して―………………田 中 貴 子(201)
統合保育における保育実践に関する研究(1)
―子ども理解を手がかりに―………………………………………………小 川 圭 子(206)
幼児の身近な標識等と幼児の興味・関心についての研究
―領域「環境」の視点から―………………………………………………棚 橋 治 美(211)
小・中学校での特別活動が形成したもの
―大学生に残るイメージの考察を通して―………………………………外 川 正 明(216)
高等学校における学園祭活動に関するアンケート調査の分析
―高校生の自信獲得に関する研究―………………………………………大 平 伊 織(221)
学校外における不登校児童・生徒への対応 ………………………………甲 木 有 紀(226)
不登校生の動向―関西文化芸術学院での教育現状(3) ……小島 一芳・清原 通晴(231)
受験志向を持つ親子の家庭教育―小中学生を中心に―…………………鄭     楊(236)
いじめを考える(3)…………………………………………………………村 島 義 彦(241)
定時制高校の研究(IX) ……………………………………………………今 井   博(246)

2.研究課題
<T「学校崩壊」現象が問いかけるもの>
<U「総合的な学習の時聞」でめざすもの>

「学校崩壊」という現象と教師・子ども…………………………………泰   政 春(253)
「学級崩壊」と新学級形成 …………………………………………………園 田 雅 春(258)
精神科臨床から垣間見える「学級崩壊」…………………………………大久保 圭 策(263)
総合学習の可能性……………………………………………………………松 田 智 子(268)
生徒の“学び”と“育ち”を支援する学校改革
―松原高校総合学科の挑戦―………………………………………………易   寿 也(273)
人権総合学習の可能性………………………………………………………森     実(278)

3.公開シンポジウム
学校と地域社会の連携による道徳教育の充実に関する一考察…………楠   茂 宣(213)
人間とは何かを共に考える道徳教育………………………………………吉 村 文 男(218)
学校社会と学習社会―歴史からの視点―…………………………………辻 本 雅 史(285)
学校と生涯学習………………………………………………………………上 杉 孝 實(290)

4.その他
1999年度会報……………………………………………………………………………………(297)
T 理事会 ………………………………………………………………………………………(297)
U 第51回大会報告……………………………………………………………………………(298)
関西教育学会会則 ………………………………………………………………………………(306)
関西教育学会研究紀要規程 ……………………………………………………………………(309)
関西教育学会研究紀要編集委員会規程 ………………………………………………………(310)
編集後記 …………………………………………………………………………………………(311)
英文目次(CONTENTS) ……………………………………………………………………(312)