本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』23号、1999年HEADLINE

1.自由研究 
ブーバーの教育論の一側面
―「ハシディームの物語」における教育的関係― …………………………今 井 伸 和( 1)
カント倫理学における生命への視点―自律的主体と生命の尊厳― ………倉 本   香( 6)
E.シュプランガーとC.H.ベッカーとの関係分析 ………………………西 村 正 登(11)
ランゲフェルド教育学における「良心」と「苦悩」の意義
―「道徳的自己限定」としての「人格」形成―……………………………荒 井 聡 史(16)
0.F.ボルノウにおける被護性の教育学的意義について…………………石 岡 志 織(21)
デューイの反省的経験観の教育的意義
―主として思考力養成の観点から―…………………………………………光 成 研一郎(26)
デューイの学校環境論についての一考察 ……………………………………田 中 裕 喜(31)
教師と生徒の相互共存在―ハイデガーを手掛かりにして― ………………藪 内 聰 和(36)
クリシュナムルティにおける「教育」の意味… ……………………………古 庄   高(41)
ゲオルク・ミッシュにおける「解釈学的対象性」の概念……………………小 西 憲 臣(46)
カント初期自然哲学における人間の変容 ……………………………………弘 田 陽 介(51)
認識論に見るスピノザの人間形成思想
―『神、人間および人間の幸福に関する短論文』を中心として―………中 井 裕 之(56)
ゲーテの世界観の初期形成 ……………………………………………………渋 谷 愛 子(61)
フレーベルにおける自然観とシェリング ……………………………………榊 原 志 保(66)
野口晴哉における臨床教育学的発想
―「依存」と「独立」の視点から― …………………………………………本 庄   剛(71)
西田幾多郎の「場所」の論理
―教育現実の底に働く生命を語る工夫―……………………………………秋 田 英 康(76)
生命倫理の方法論―決疑論について―………………………………………加 藤   剛(81)
人格システムにおける目的性と時間性
―「こころの教育」のための人格発展論に向けて―………………………長谷川 高 生(86)
室鳩巣の教化主体論
―『帰嬰俗解』を手掛かりに―………………………………………………和 田 充 弘(91)
清末留日学生の日本体験について……………………………………………張   芸 文(96)
田中文政からみた日本近代教育のもう一つの可能性……………………厳     平(101)
『山陽新聞』に見る子どもの変容 その2 …………………………………景 山 雄 二(106)
蘆屋兒童の村小學校における教育実践に関する研究
―櫻井祐男における児童中心主義教育の意義と限界―…………………永 田   守(111)
F.W.パーカーの教育思想における教師生徒関係
―クック郡師範学校での教育を中心にして―……………………………角 野 幸 代(116)
戦後イギリスの教育政策における「機会均等」概念の変遷過程の研究
                           …………岡 田 昭 人(121)
メランヒトンにおけるキリスト教的ヒューマニズムの人間観と教育(5)
―「キリスト教的‐フマニタス」の教育論へ向けて― ……………………菱 刈 晃 夫(126)
L.コールバーグのジャスト・コミュニティアプローチに関する一考察
                            ………荒 木 寿 友(131)
「教師一生徒」における自我と意味の生成に関する一考察
―G.H.ミードの「ユニバース・オブ・ディスコース」を中心に― …塩 路 晶 子(136)
「情報化」論と学校教育(7)
―「提示したい内容」づくりを支援するコンピュータ利用について―
                             ……伊 藤 博 之(141)
「総合学習」の可能性を問う
―奈良女子大学文学部附属小学校における「しごと」実践の分析を通して―
                         ………………藤 本 和 久(146)
教育実習の現実と課題 ………………………………………………………横 内 廣 夫(151)
「生徒理解」に関する考察
―「事例」による自己言及をとおして― …………………………………高 木   聡(156)
「問題」の新しい意味発見のための事例の語り方 ………………………酒 井 泰 輔(161)
コミュニティ・カレッジのアイデンティティ・プロブレム ……………谷 川 裕 稔(167)
イギリス中等教育における共通カリキュラムの研究……………………二 宮 衆 一(172)
社会科教材に見るアボリジニ像とその問題点……………………………木 下 雅 仁(177)
中国の朝鮮族学校における教育課程に関する一考察
―民族教育の視点から―……………………………………………………出 羽 孝 行(181)
中国における新教育の受容(3)―楊賢江と学習法―……………………長谷川   豊(186)
高等学校「国語T」における学習指導の実践とその考察
―ティームティーチング導入の試みを中心に―…………………………山 口 正 明(191)
「総合学習」の導入から見た、
小学校教員養成課程の教科教育法授業の問い直し―音楽教科の場合―
                             ……瀬 戸 郁 子(196)
授業の工夫―女子大学生の場合―…………………………………………森 山 宏 美(201)
ドイツ・バイエルン州における環境教育
―『環境教育大綱』および「郷土一事実科」教科課程の分析―………若 林 身 歌(206)
“物質”的視点からの環境教育 ………………………………………………林   隆 紀(211)
他者理解の構造と生徒理解…………………………………………………塚 口   博(216)
共同制作としての群読とその教育的意義
―「学びの共同体」の創造のために―……………………………………中 井 孝 章(221)
学校外における不登校児童・生徒への対応 ………………………………甲 木 有 紀(226)
中学校における運動部活動の研究―児童・生徒の意識調査― …………岸 本 秀 章(231)
インシデント・プロセス法によるいじめの予防と解決
―中学校における学級経営の試み― ……………………………川崎 真・佐々木 正昭(236)
小学校における学校行事の研究……………………………………………坂 江 栄 市(241)
子どもの発達に関する一考察―1歳から13歳―…………………………野々村 美 好(246)
和田実の「習慣教育」について……………………………………………辛   椿 仙(251)
京都における明治初期の殖産興業とフレーベル教育の移入U
―山本覚馬とレーマン兄弟―………………………………………………藤 田 博 子(256)
保育内容「環境」の指導についての一考察
―幼児の身近な環境へのかかわりと保護者の配慮について―…………棚 橋 治 美(261)
学校教育における「男女平等」思想の歴史的変遷(2)
―河田嗣郎の女子教育論を中心に―………………………………………亀 □ ま か(266)
若者の大人観―ヒット曲の歌詞分析を中心として―……………………酒 井 淳 平(271)
専門学校生の学歴意識に関する実証的研究
―ダブルスクール生の実態調査から― ……………………………原 清治・高橋 一夫(276)
生涯学習機会の拡大と学歴社会構造の変容
―通信教育課程大学生の生活実態をもとに―…………………今西 康裕・大束 貢生(281)
管理職からみた大学教育改革の現状に関する調査結果…………………奥 川 義 尚(286)
対話と生涯教育………………………………………………………………中 澤 まゆみ(291)
生涯スポーツ事業の行政評価
―京都府船井郡6町における事業の実態と担当者の意識―………………市 川   哲(296)
公共施設におけるフィットネス事業の運営等についての一考察………衣 笠 賢 二(301)
中高齢者のパソコン学習における支援システムの活用について………坂 本 壮 司(306)
パソコンのイメージに関する研究…………………………………………金 田 啓 稔(311)

2.公開シンポジウム-危機に直面する教育学校と子どもの再生を目指して
非行臨床と教育―非行対応の課題―………………………………………石 附   敦(319)
少年犯罪の現状と少年法の改正……………………………………………瀬 川   晃(324)
危機に直面する教育―学校と子どもの再生をめざして―………………皇   紀 夫(329)


3.その他
1998年度会報……………………………………………………………………………………(337)
T 理事会 ………………………………………………………………………………………(337)
U 第50回大会報告……………………………………………………………………………(337)
関西教育学会会則 ………………………………………………………………………………(347)
編集後記 …………………………………………………………………………………………(349)
英文目次(CONTENTS)………………………………………………………………………(350)