本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』22号、1998年HEADLINE

1.自由研究 
G.H.ミードのコミュニケーション論の教育学的研究 ……………………田 中 裕 喜( 1)
対話的教師生徒関係の可能性と限界
―ブーバーの関係論を中心にして―…………………………………………角 野 幸 代( 6)
ブーバーの教育論の一側面
―ブーバーとハッチンスの対話を通して―…………………………………今 井 伸 和(11)
ジョン・デューイとルドルフ・シュタイナーの会話
―ジャック・エイサインのヴァルドルフ教育とプログレッシブ教育の比較―
                        ……………………上 寺 常 和(16)
新ユトレヒト学派における現象学的教育学の一考察
―「参与的経験」の概念を中心に―…………………………………………村 井 尚 子(21)
現象学的経験概念を基底とするランゲフェルド教育学の実践的科学としての可能性
―ポナートの「教育(学)的合理性構造」を手がかりに―………………荒 井 聡 史(26)
ヘルムート・ダンナーにおける「弁証法」 …………………………………高 根 雅 啓(31)
フレーベルにおける象徴的世界観の問題
―「球体法則」構想諸断片における形而上学的原理について― …………榊 原 志 保(36)
シュプランガーにおける教員養成論の特色 2………………………………西 村 正 登(41)
祭りの人閤形成論
―M.パフチンの「カーニヴァル論」を手がかりに― ……………………弘 田 陽 介(46)
L.コールバーグ理論における道徳的「役割取得」概念について ………梁   貞 模(51)
ヒュ一マン・ナチュラリズムの系譜における発達論の意義
―カント『プロレゴメナ』の発達論的解釈―………………………………加 藤 聡 一(56)
環境倫理学の教育学的含意……………………………………………………今 村 光 章(61)
H.S.サリヴァンの対人関係論的精神病論
―精神の「病」と文化・社会的「抑制」―…………………………………和 氣 直 子(66)
臨床教育学と東洋的臨床の実践原理
―野口晴哉の実践と思想を手がかりに ……………………………………本 庄   剛(71)
澤柳政太郎における宗教と教育に関する一考察……………………………太 田 正 見(76)
デューイの宗教教育論
―蓮如の真俗二諦論との比較において―……………………………………鬼 木 宣 尚(81)
メランヒトンにおけるキリスト教的ヒューマニズムの人間観と教育(4)
―フマニタスと言語を中心に―………………………………………………菱 刈 晃 夫(86)
学校教育における「男女平等」思想の歴史的変遷
―大正期の女子教育論に見る良妻賢母観を中心に―………………………亀 口 ま か(91)
高校階層構造の形成過程とそのメカニズム
―奈良県公立高校を事例として―……………………………………………永 田 美代子(96)
いじめを考える(2)…………………………………………………………村 島 義 彦(101)
存在教育論と教師教育………………………………………………………横 山   彰(106)
東井義雄の思想を生かした生徒指導の研究………………………………井 上   昭(111)
学級集団形成に関する研究
―準拠集団としての学級集団の成立条件を中心にして―………………間 瀬 松 二(116)
中学校における規律指導の研究……………………………………………今 井 弘 樹(121)
学校教育の非日常的部分における虚構性の研究
―小学校の演劇クラブの実践を通して―……………………津田 直子/佐々木 正昭(126)
『大同書』にみられる康有為の子ども観
―19世紀後半の広東の教育環境との関連で― …………………………朝 倉 美 香(131)
『山陽新聞』に見る子どもの変容 その1…………………………………景 山 雄 二(136)
京都における明治初期の殖産興業とフレーベル教育……………………藤 田 博 子(141)
19世紀ロンドン慈善組織協会(COS)の
ラグド・スクールの役割への認識 …………………………………………真 城 知 己(146)
大正期における小砂丘忠義の綴方教育実践
―教育評価の観点からの分析―……………………………………………松 田 亜弥子(151)
高校生の「学校改革への参加」と発達保障の課題についての考察
―私学高校生の「自主活動」を実践的に検証して―……………………横 内 廣 夫(156)
生物教育における「探究としての科学」
―BSCSにおける科学の内容と方法との関連について― ………………岩 崎 紀 子(161)
バイオエシックスの道徳原理
―エンゲルハートのパーソン論―…………………………………………加 藤   剛(166)
授業の工夫と課題―大学生の場合―………………………………………森 山 宏 美(171)
家庭科教育における高齢者認識について…………………………………上 田 道 子(176)
教育実践に関ずる一考察(V)―より充実した教育実習のために―…渡 辺 勉治郎(181)
教員文化に関する地域比較研究(1)
―教師の多忙化とバーンアウトに関する地域教育調査をもとに―
                 …………………………吉田 一郎/八木 英二(186)
中国の朝鮮族学校に関する研究―韓国の場合と比較して―……………出 羽 孝 行(191)
アボリジニ教育問題をとりまく社会的諸要因とその未来
―ステレオタイプの問題とメディアとの関係を中心に― ……………木 下 雅 仁(196)
イギリスの幼児発達計画―ヴァウチャー廃止と今後の見通し―………埋 橋 玲 子(201)
幼児期後期における相互交渉の発達的特徴と保育の課題
―自己と他者の意図をどう調整していくのか―…………………………小 原 佳 代(206)
身近な動植物に関する幼児の質問についての研究
―保育内容「環境」の視点から―…………………………………………棚 橋 治 美(211)
和田実における「遊戯教育論」の特質……………………………………辛   椿 仙(216)
モンテッソーリ平和教育思想における<個の確立>の問題……………崔   基 善(221)
保育の質に関する研究―イギリスの最近の動向と
オックスフォードシャーの保育カリキュラムを手がかりに―…………山 本 和 美(226)
生涯学習機会としての専門学校
―専門学校で学ぶ成人学生の意識と実態調査の分析―…………原 清治/高橋 一夫(231)
教育と福祉の統合
―高齢社会における生涯学習(痴呆老人の介護の実践を通じて)―…岩 本 真佐子(236)
生涯学習とコンピュータ―高齢者の取り組みに関する研究―…………金 田 啓 稔(241)
中国における大学の管理運営改革に関する研究
―大学の再編と設置・主管形態の多様化― ………………………………吉 村 澄 代(246)
学校設置と地域社会(市町村)のかかわり
―アメリカのチャータースクールの場合―………………………………中 島 千 惠(251)
定時制高校の研究(V)………………………………………………………今 井   博(256)
授業評価の観点とそのシステム化の検討(U)
―生徒指導視座からアプローチ―…………………………………………上 坂 一 二(261)

2.課題研究 <T教育改革の方向を問う><U教育とボランティア活動>
自由学校の発想―きのくに子どもの村学園のこころみ―………………堀   真一郎(269)
京都市における「地域に根差した生涯学習の推進」の取組について
―学校施設開放事業から―…………………………………………………児 玉 康 成(274)
辺縁の教育(障害のある子どもの教育)から教育改革の方向を問う
―学校の可能性と限界―……………………………………………………松 本 嘉 一(279)
ボランティア活動による青年の心理的成長について……………………杉 原 保 史(284)

3.公開シンポジウム
見えざるものへの畏敬―教育と宗教の問題をめぐって―………………松 田 高 志(291)
宗教教育の必要性と可能性…………………………………………………山 田 邦 男(296)
教育はなぜ宗教を問題にしなければならないのか
―人間は宗教的存在か否か―………………………………………………川 村 覚 昭(301)


3.その他
1997年度会報 …………………………………………………………………………………(309)
T 理事会………………………………………………………………………………………(309)
U 第49回大会報告  …………………………………………………………………………(309)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(306)
編集後記…………………………………………………………………………………………(320)
英文目次(CONTENTS)………………………………………………………………………(321)