本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』21号、1997年HEADLINE

1.自由研究 
M.J.ランゲフェルドの「理論的教育学」における教育学と人間学の連関
―「規範的、実践的人間学としての教育学」を手がかりに― ……………荒 井 聡 史( 1)
ブーバーの思想の教育学的研究
―ブーバーにおける「日常の聖化」概念の考察― …………………………今 井 伸 和( 6)
ヘルムート・ダンナーにおける「陶冶」の三つの「展望」………………高 根 雅 啓(11)
シュプランガーにおける教員養成論の特色…………………………………西 村 正 登(16)
メランヒトンにおけるキリスト教的ヒューマニズムの人間観と教育(3)
 ―信仰と教育との関係を中心に―…………………………………………菱 刈 晃 夫(21)
R.シュタイナーにおける思考教育の意義 …………………………………渡 辺 英 之(26)
Anthropological 権威と再教育………………………………………………上 寺 常 和(31)
教育学諸体系への民主的基準の適用
―『民主主義と教育』に含意された先行教育学諸体系―…………………加 藤 聡 一(36)
感性の教育はいかにして可能か―音楽と言葉の関係について―…………岸   優 子(41)
環境教育の可能性
―教育の営みを捉え直す契機としての環境教育の意義―…………………今 村 光 章(46)
現代社会における青少年の自己探求の特質について………………………兼 松 儀 郎(51)
人間の生涯と教育に関する一考察
―超高齢化と社会の生涯学習に向けて―……………………………………工 藤 真由美(56)
「相対的貧困」化を探る―疎外態としての「親子心中」像を中心に― …岩 本 真佐子(61)
マイノリティと教育―沢柳政太郎と柳宗悦のアイヌ観から―……………上 田 素 行(66)
フランス革命前夜の「助教員」論
―メルシェとプロワイヤールの著作から―…………………………………越 水 雄 二(71)
現代におけるアボリジニ教育の現状と問題点………………………………木 下 雅 仁(76)
戦前戦後教師像に関する比較教育学的研究
―教育的関係性成立の視点を中心に―………………………………………角 野 幸 代(81)
中国・延辺の朝鮮族の民族教育 ………………………………………………出 羽 孝 行(86)
中国の数学教科書の改訂について―初めての査定制度による―…………山 崎   宏(91)
高齢者のパソコン学習について………………………………………………坂 本 壮 司(96)
教室における「沈黙」―小学校の授業を事例として―…………………山 本 桂 子(101)
定時制高校の研究(W)……………………………………………………今 井   博(106)
授業評価の観点とそのシステム化の検討(T)
―生徒指導視座からのアプローチ―………………………………………上 坂 一 二(111)
ドイツにおける学校の自律性論の現在……………………………………南 部 初 世(116)
学生が実習体験を通して得たこと…………………………………………国 家 順 子(121)
教師教育における講義通信の意義に関する実践的考察(パートU)
―学生間の意見交流をはかり,講義への意欲的参加をめざして― ……森 川 絋 一(126)
教育実習に関する一考察(U)―実習をめぐる諸条件―………………渡 邊 勉治郎(131)
大学評価の研究―一アメリカにおける大学院の場合―…………………奥 川 義 尚(136)
大学における成績評価―「道徳教育の研究」12年間の実践を通して― 西 村 日出男(141)
地域開発と大学誘致について―滋賀県の場合―…………………………村 田 玲 子(146)
野外学習のすすめ……………………………………………………………長 谷 政 紀(151)
モリソンのおける単元のとらえ方
―5段階教授法における教師の指導性について―……………………… 藤 本 和 久(156)
「竜」(今江祥智)の教材性 ………………………………………………望 月 謙 二(161)
「情報化」論と学校教育(6)
―「書きことば」を鍛える必要性と可能性―……………………………伊 藤 博 之(166)
現地ホーム・スティの実践とその効果 ……………………………………森 山 宏 美(171)
いじめを考える………………………………………………………………村 島 義 彦(176)
“デス・エデュケーション”についての一考察………………………………山 本 惠 子(181)
不登校生の動向―奈良立正芸術学院での教育現状(2)―………………小 島 一 芳(186)
生徒一人一人を大切にする学級経営の研究
―「朝の会・帰りの会」を中心にして― …………………………………福 元 將 介(191)
「問題行動」の理解と解決に関する意識調査
―中学校の特別活動を中心にして―………………………………………岡 田 敏 雄(196)
中学生の「現実感」と生徒理解
―教師と生徒の「間.題性」意識のズレを手掛かりに― …………………道 前 弘 志(201)
幼児教育におけるオルフ・シュールヴェルクの可能性に関する一考察
                           …………芹 澤 美奈子(206)
保育におけるわからないこと―実習生の目をとおして―………………中 橋 美 穂(211)
幼児の身近な環境とのかかわりにっいての研究(3)
―身近な動物(生きもの)と幼児の興味・関心 …………………………棚 橋 治 美(216)
保育方法における間接性―倉橋惣三の生活保育論を中心に―…………田 中 まさ子(221)
植物の育成になぞらえた育児論の系譜―安藤昌益と陰陽五行説―……藤 田 博 子(226)
新「発達段階」試論の提言
―A.Gesel1の「発達段階」での意味付け― ……………………………野々村 美 好(231)
1歳後半から2歳前半の幼児における「自他関係」の発達と保育の課題
                            ………藤 野 友 紀(236)
イギリスのチャイルドケア
―ナーサリー・ヴァウチャーとNVQ's―…………………………………埋 橋 玲 子(241)

2.課題研究
「生きる力」を育む総合的な学習の展開
―クロス・カリキュラムで学ぶ環境・国際理解教育―…………………坂 口 喜 啓(249)
総合学習の可能性を探究する………………………………………………土 井 捷 三(254)
教師像と教師の専門的力量…………………………………………………吉 田 一 郎(259)
現代史学習論…………………………………………………………………安 達 善 彦(264)
滋賀大学における平和教育…………………………………………………大 田 勝 司(269)
第48回大会より
課題研究T 総合学習の可能性(清水毅四郎)……………………………………………(274)
課題研究V 今、教師に求められる資質とは?(藤本文朗) ……………………………(276)
課題研究W 大学における平和教育(木全清博)…………………………………………(277)

3.その他
1996年度会報 …………………………………………………………………………………(281)
T 理事会………………………………………………………………………………………(281)
U 役員選挙……………………………………………………………………………………(281)
V 第48回大会報告 ……………………………………………………………………………(282)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(289)
編集後記…………………………………………………………………………………………(291)
英文目次(CONTENTS)………………………………………………………………………(292)