本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』20号、1996年HEADLINE

1.自由研究 
M.J.ランゲフェルドの「教育的状況」における
事実と規範の統一について……………………………………………………荒 井 聡 史( 1)
ヘルムート・ダンナーにおける教育的「意味の仲介」
―ダンナーの「教育責任」論―………………………………………………高 根 雅 啓( 6)
O.F.ボルノーにおける「基礎的理解」
―二つのディルタイ論を手がかりとして―…………………………………松 井 玲 子(11)
「環境教育」の新しい視点―ボルノーと現代教育学に学びつつ― ………広 岡 義 之(16)
工一リッヒ・フロム社会的性格論の教育学的受容
―『フロムの人間学』の教育学的理解を目指して―………………………今 村 光 章(21)
メランヒトンにおけるキ.リスト教的ヒューマニズムの人間観と教育(2)
―「自由意志(liberum arbitrium)」を中心に― ……………………菱 刈 晃 夫(26)
デューイと教育実践―『民主主義と教育』体系の実残的性格―…………加 藤 聡 一(31)
デューイ教育論における習慣の機能…………………………………………宮 ア 宏 志(36)
言語芸術と入間形成に関する一考察―正岡子規を手掛かりに―…………工 藤 真由美(41)
西田幾多郎の教育観―「教育学について」(1933)をもとに― ………田 代 博 美(46)
美的性質と教育―音楽を手がかりにして―…………………………………岸   優 子(51)
トインビー・ホールと教員見習い
―基礎教育改善と教員養成における大学の役割―…………………………宮 本 洋 子(56)
カンパン夫人の公教育論
―フランス近代公教育の形成過程を解明するために―……………………越 水 雄 二(61)
エレン・ケイ教育論の思想的背景―ルソーの家庭教育論とのかかわり―岡 部 美 香(66)
P.グレーヴェンの子ども史研究
―『プロテスタントの精神気質』を中心に―………………………………佐 藤 哲 也(71)
日本統治下台湾における植民地教育の一考察北
―1920年代前半の公学校教育における転換の意味― ……………………北 村 嘉 恵(76)
高等学校教育の制度化に関する一考察
―新制高校「高等普通教育及び専門教育」の検討―………………………山 田 朋 子(81)
イギリス新教育運動における「自治」
―‘Self-Government in Schools’の分析を中心に―……………………山 ア 洋 子(86)
イギリス19世紀後半のIndustrial Schoo1と肢体不自由児
―Cripples’ Home Industrial School for Girls,Marylebone Roadについて―
                         …………………真 城 知 己(91)
中国高等教育改革と「市場化」への変容
―現代中国教育改革事情の考察― ……………………………………………王     符(96)
子どもの生活と学校教育に関する意識調査
―中日比較において― ……………………………………………………劉 郷英・皇 紀夫(101)
イギリスの企業内保育について……………………………………………埋 橋 玲 子(106)
在日留学生と日本人ボランティアとの交流実態についての調査
                          ………奥川 義尚・梶川 裕司(111)
青年文化と青年音楽―J.アタリのノイズ論を中心に―…………………加 藤   剛(116)
米国コミュニティ・カレッジの教育的機能
―高校卒業資格取得コースを手掛かりに―………………………………谷 川 裕 稔(121)
日本型生涯教育の限界―放送大学の面接授業を通して―………………村 田 鈴 子(126)
定時制高校の研究(U)……………………………………………………今 井   博(131)
学校カウンセリングの現状と今日的課題に関する一考察………………向 出 佳 司(136)
フランスにおける高等教育奨学金事業
―優秀性と平等性の観点からみた事業の構造―…………………………服 部 憲 児(141)
教師教育における講義通信の意義に関する実践的考察(パートT)
―人間的信頼関係を大切にする“教師”づくりをめざして―………………森 川 紘 一(146)
教育実践と人間関係論(3)…………………………………………………西 本 政 明(151)
教育実習に関する一考察(T)―実習現場からの報告―………………渡 邊 勉治郎(156)
10か月から13か月の乳児における
「定位的調整」から「定位活動」への発達と保育の課題 ………………河 原 紀 子(161)
幼児の共同生活の新たな構築について……………………………………古 庄   高(166)
植物の育成になぞらえた育児論の系譜……………………………………藤 田 博 子(171)
被災地における保育状況調査―震災直後,保育をとりまく環境― ……大 方 美 香(176)
震災後の保育環境と子どもの育ち―被災園の一年間の生活から―……西 口 純 子(181)
実習の改善に関する研究 ……………………戸江茂博・三木知子・西垣光代・安倍典穂(186)
大学生の死生観に関する研究
―“希死念慮”と“充実感”の視点から― ……………………………………山 本 惠 子(191)
「頭足類画」の現象学的心理学―幼児と分裂病質者の身体像―………中 井 孝 章(196)
子どもの発達に関する一考察
―『対象(概念)−動作(操作)』に関する構造試表と子どもの発達の諸現象との関係―
                            ………野々村 美 好(201)
教育相談の現場から―臨床教育学の実際的領域―………………………皇   紀 夫(206)
理性的平和教育の条件について
―科学の教青としての平和教育のために―………………………………富 永 訓 志(211)
戦後カリキュラム改造運動の理念についての一考察
―大田堯の理論と本郷プランの検討―……………………………………高 木 郁 子(216)
雑誌『カリキュラム』にみる教授・学習論の変遷〈その5〉
―教科教育の場合―…………………………………………………………八 木 英 二(221)
子どもの喜ばしい気分を育成する教師の態度……………………………藤 本 範 子(226)
集団宿泊的行事の教育効果について
―ホームルーム活動を中心として―………………………………………迫 眞 一 郎(231)

生徒指導におけるズレの構造とその克服に関する研究(U)
―中学生の学校内暴力回復過程からの接近―……………………………上 坂 一 二(236)
学級集団の形成に関する研究………………………………………………中 村   豊(241)
コミュニケーションを取り入れた英語教授法の工夫と未来に向けて
―日本人大学生の場合―……………………………………………………森 山 宏 美(246)
子どもにとって環境とは何か………………………………………………大 村   穣(251)
「情報化」論と学校教育(5) ……………………………………………伊 藤 博 之(256)
教育における素朴と文明―教育哲学における方法論再考―〈承前〉…古 賀 義 雄(261)
不登校生の動向―奈良立正芸術学院での教育現状(1)― ……………小 島 一 芳(266)

2.第47回大会より
課題研究T 教科の再編と教育実践…………………………………………………………(271)
課題研究U 震災と子ども・学校……………………………………………………………(272)
課題研究V 現代社会と青年問題……………………………………………………………(273)
課題研究W 「いじめ」問題を考える ………………………………………………………(274)

1995年度会報 …………………………………………………………………………………(275)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(283)
編集後記…………………………………………………………………………………………(285)
英文目次(CONTENTS)………………………………………………………………………(286)