本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』19号、1995年HEADLINE

1.自由研究 
アリストテレスの習慣論
―その人間形成的意味ヘクシスからエートスへ―…………………………津 田   徹( 1)
シュライエルマッハー解釈学の教育学的意義………………………………岡 部 美 香( 6)
芸術と人間形成―正岡子規の考察から―……………………………………工 藤 真由美(11)
メランヒトンにおけるキリスト教的ヒューマニズムの人間観と教育(1)
―「神の像(imago Dei)」の破壊と再生を中心に―……………………菱 刈 晃 夫(16)
ヘルムート・ダンナーにおける「勇気づけ」 ………………………………高 根 雅 啓(21)
H.Putnam の内的実在論による教育学理論の基礎づけ …………………金 光 靖 樹(26)
高齢者教育の可能性―ボルノーおよび現代ドイツ教育学に学びつつ―…広 岡 韮 之(31)
フーコーとベイトソン―陶冶と治癒―………………………………………加 藤   剛(36)
消費者教育と環境教育の統合を求めて………………………………………今 村 光 章(41)
ニイルの「自由学校」思想における「自治」概念…………………………山 崎 洋 子(46)
デュ一イの第一次的経験における想像力の機能……………………………宮 崎 宏 志(51)
デューイ教育論における創造性とコミュニティ……………………………上 寺 常 和(56)
《人間本性》を根拠とするデューイ的教育実践の普遍性
―『民主主義と教育』の体系に照らして―…………………………………加 藤 聡 一(61)
S.A.バーネットの教育思想―トインビー・ホールにおける
大学人と住民との相互的教育への期待―……………………………………宮 本 洋 子(66)
ジェズイット追放後のルイ・グラン=コレージュ
―フランス近代公教育の形成過程に関する一考察―………………………越 水 雄 二(71)
貝原益軒と洋学を結ぶ点と線―その私見と推論―…………………………藤 田 博 子(76)
戦前女子高等教育要求運動と婦人問題
―日本女子大学校婦人問題研究会の検討を中心に―………………………井 上 えり子(81)
「活動的な仕事」の教育的意義
―「ライト兄弟の飛行機」づくりから―……………………………………大 村   穣(86)
教育界にも「苦情法」を………………………………………………………日 下 和 信(91)
学校における「対話」成立過程モデルの研究(1)
 ―教師の対話的態度と人間関係―…………………………………………野 崎 憲 次(96)
「居心地のよい」学級風土形成過程の研究
―言語的指導を中心にして―………………………………………………田 中 浩 之(101)
生徒指導におけるズレの構造とその克服に関する研究(T)
―中学生の学校内暴力回復過程からのアプローチ―……………………上 坂 一 二(106)
普通科高校におけるCAIの現状と課題………………………………………松 本 英太郎(111)
「情報化」論と学校教育(4)………………………………………………伊 藤 博 之(116)
雑誌『カリキュラム』にみる学習観の変遷<その4>
―中高学年の場合―…………………………………………………………八 木 英 二(121)
自己教育性・学習適応性とエゴグラムとの対応 …………………………山 本 惠 子(126)
「沖縄」絵本の平和教育への活用……………………………齋木 喜美子・齋木 俊城(131)
幼児の身近な環境とのかかわりについての研究(2)
―身近な植物と幼児の興味・関心― ………………………………………棚 橋 治 美(136)
子どもの手と粘土―粘土を素材とした保育活動の観察を通して―……坂 根 美紀子(141)
4・5歳児のイメージ・プレイに関する一考察 ……………………………西 坂 美智子(146)
在日中国人子弟の家庭内での言語生活の実態……………………………劉   郷 英(151)
幼児期の「表現」を促す要因についての研究(U)………………………名須川 友 子(156)
現代の欲望原理と幼児の教育………………………………………………古 庄   高(161)
発達障害児の教育的処遇に関する実践的研究……………………………向 出 佳 司(166)
日野村青年団活動における組織化と疎外…………………………………岩 本 真佐子(171)
詩齢者の学習ニーズと学習方法……………………………………………西 岡 正 子(176)
福祉教育の理論と方法………………………………………………………西 村 正 登(181)
ドイツにおける学校管理運営の変容―1991年『キーンバウム報告』を手がかりに―
                   ………………………………南 部 初 代(186)
「育英」および「奨学」概念の再検討 ……………………………………服 部 憲 児(191)
公立学校「学区制」の影響について………………………………………南 垣 正 明(196)
定時制高校の研究(T)……………………………………………………今 井   博(201)
大学に対する留学生研究指導に関する調査 ……………………奥川 義尚・梶川 裕司(206)
米国コミュニティ・カレッジ『発達教育プログラム』の教育的役割
―‘Development’の解釈を手掛かりとして― …………………………谷 川 裕 稔(211)
先行研究の活用に関する研究主任の意識…………………………………柳 瀬 充 男(216)
教員養成カリキュラムの改善について―「初等教育研究」の試み―…瀬 戸 郁 子(211)

2.第46回大会より
公開シンポジウム 現代を生きる力と子どもの学力形成…………………………………(226)

1994年度会報 …………………………………………………………………………………(230)
関西教育学会会則………………………………………………………………………………(238)
編集後記…………………………………………………………………………………………(240)
英文目次…………………………………………………………………………………………(241)