本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』17号、1993年HEADLINE

1.自由研究 
プラトンは「国家』第7巻でなにを語ろうとしているのか…………………植 田 義 人( 1)
「体験」と教育に関する一考察―W.ディルタイに学びつつ―…………井 上   専( 7)
デューイ興味論の分析的解明 …………………………………………………宮 崎 宏 志(12)
J.デューイのプラグマティックな科学的方法について …………………上 寺 常 和(17)
環境教育における「自然」……………………………………………………西 村 日出男(23)
ペスタロッチ教育実践の現象学的アプローチ
―「身体性」と「語り」と「居場所」を中心として― ……………………森   悦 子(28)
シュプランガーにおける「覚醒」概念の再検討……………………………中 戸 義 雄(34)
シュプランガー教育学における「自由」の概念 ……………………………西 村 正 登(39)
ブーバーのハイデッカー批判―その教育学的含意の展開―………………渡 辺 英 之(45)
ボルノーにおける「徳論」についての一考察………………………………広 岡 義 之(51)
正岡子規における「自我の確立」と「共同性の思考」……………………工 藤 真由美(56)
明治時代における儒教の役割と西村茂樹……………………………………上 田 浩 史(61)
『福沢諭吉の女子教育論』……………………………………………………長谷川 精 一(66)
明治期の子どもの研究―『山陽新報』にみる子どもの実態(2)― ……景 山 雄 二(71)
西脇播州織における「女子教育の進展」についての一考察………………辻 田 可 代(76)
『絶対的貧困』の諸相
―地方紙『新播磨』にみる西脇播州織『女工哀史』―……………………岩 本 真佐子(81)
球威高等学校における校友会活動の登場
―一高における木下広次校長の教育方針と校友会舵手………………… 冨 岡   勝(87)
科挙の社会学的考察……………………………………………………………劉   恩 慈(92)
授業構成にかかわる教師の知識をどのように記述するか…………………藤 原   顕(98)
生徒による授業評価についての研究(T)………………………………林   泰 成(103)
「情報化」論と学校教育(2) ……………………………………………伊 藤 博 之(109)
中国における新教育の受容(1)
―兪子夷とプロジェクト・メソッド―……………………………………長谷川   豊(115)
「発達的教授=学習」理論の検討A
―ヴィゴッキーの概念発達論の含意―……………………………………山 崎 雄 介(120)
雑誌『カリキュラム』にみる学習観の変遷<その2>……………………八 木 英 二(125)
バリの母と子―ベイトソンの社会化論を巡って―………………………加 藤   剛(130)
How the Schools Might Educate the Students
to Reduce the Amount of Discrimination that Exists……………谷 川 裕 稔(136)
同和問題に関する市民啓発の課題…………………………………………仲 島 隆 夫(141)
後期中等教育の展開に関する研究
―大阪・京都における新制高等学校設置について―……………………山 田 朋 子(147)
学校改善と教育効果…………………………………………………………兼 松 儀 郎(151)
中国の大学入試における少数民族に対する優遇措置……………………南 部 広 孝(156)
韓国と日本の道徳教育の比較―道徳教育の問題点―……………………梁   貞 模(161)
調査および事例からみた私立大学における
留学生受け入れの現状と課題……………………………………梶川 裕司・奥川 義尚(166)
韓国と日本の高校生の勉強場所に関する資料……………………小川 隆章・全 ?楽(174)
イギリスにおける多文化教育の教材開発の考察…………………………小 口   功(182)
幼児の表現に関する史的研究(4)
―倉橋惣三の幼児教育論を中心に―………………………………………田 中 まさ子(187)
幼児の総合的発達を促す保育環境―保育における「お茶」と
Montessoriの「日常生活の練習」― …………………………藤田 博子・中新 晴江(192)
保育内容についての一考察…………………………………………………篠 原 いくよ(200)
動機としての主観的欲望について…………………………………………古 庄   高(206)
幼児教育における遊びの構造化について
―ボストンの幼児教育を中心に―…………………………………………山 本 和 美(211)
遊びと関係の変化における一考察…………………………………………和 田   薫(216)
子どもの発達に関する一考察―胎生期の発達段階の試み―……………野々村 美 好(223)
教育実践と人間関係論(1) ………………………………………………西 本 政 明(229)
芸術家の眼とこころ(1)―教育心理学の視点から― …………………酒 井 寛 太(234)


2.第44回大会より
課題研究(1) 大学の今日的課題 ………………………………………高 木 英 明(238)
課題研究(2) 「子どもの生活と学校文化」のまとめ ………………八 木 英 二(244)
シンポジウム 学校五日制と教育の再建 …………………………………和 田 修 二(249)