本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』14号、1990年HEADLINE

アウグスティヌスにおける記憶論と言葉の役割……………………………杉 山 千 枝( 1)
ボルノーにおける「言語と教育」についての一考察………………………広 岡 義 之( 6)
<エゴイズム>克服における主体性と超越性
―S.キルケゴール『哲学的断片への結びとしての非学問的な後書き』
における宗教性A及びBの検討を中心に―………………………………諸 富 祥 彦(11)
ピーターズの道徳教育論における内容と形式について……………………林   泰 成(16)
教育の危機の時代における学校教育の意味
―(新しい時代における子どもの教育)……………………………………上 寺 常 和(21)
今日における教育の意味―こども・おとな・教育の責任(T)―…………加 藤 守 孝(27)
下中弥三郎の初期思想…………………………………………………………宇佐見 香 代(31)
「わが国の里親制度前史(1)」―明治期における孤児院「里預り」制―
                             ………岩 本 真佐子(37)
女子教育に関するベルツの問題提起とその変容
―1900年ごろの女袴普及の経緯から― ……………………………………岡 本 洋 之(43)
御雇教師WyckoffとMudgettの書簡について
―明治初期の福井教育事情(その2)―……………………………………安 田 展 子(48)
『萬国史署』の内容と教授方法―明治初年の万国史教育― ………………木 全 清 博(53)
わが国における英国メカニックス・インスティチュート理解 ……………加 藤 詔 士(59)
「発達的教授=学習」理解の検討@―学習活動論について― ……………山 崎 雄 介(64)
教授方法の学習活動刺激化機能………………………………………………山 住 勝 広(69)
教育方法学の遺産―谷本富の場合(1)―…………………………………伊 藤 博 之(74)
小学校低学年の計算力と学業不振児についての一考察……………………鈴 木 文 代(80)
教育実践におけるコンテクストの形成過程
―関係変容のコミュニケーションへ―………………………………………中 井 孝 章(84)
フランスにおける道徳教育についての一考察
―「公民教育」と「人権教育」― ……………………………………………島   恒 生(90)
スポーツ選手の成育歴的検討―一流選手の育成のため―
………………………………………佐野勝徳・荒木秀夫・坂野信義・正木健雄・西篠修光(96)
教育における葛藤の概念について…………………………………………島 崎   保(102)
日本の青少年を取巻く人間関係の特徴……………………………………小 川 孝 章(107)
生活と教育に関する調査研究―家庭生活について―……………………岡 野   純(113)
イギリスにおける義務教育初等学校と幼児教育の「接続」
―入学期日の設定に着目して―……………………………………………君和田 容 子(118)
幼年期造形教育の史的研究(3)
―幼児教育ジャーナリズムにみる明治後期―……………………………久 山 まさ子(123)
『保育の手帳』保育案研究委員会作成の保育案に関する一考察………西 川 由紀子(128)
Orff‐Schulwerkについての一考察
―幼児の表現活動への契機― ………………………………………………名須川 知 子(133)
幼児の生活世界と幼稚園教育 ………………………………………………古 庄   (138)
幼児期における原体験 ……………………………………小林辰至・雨森良子・山田卓三(143)
遊戯療法における母親のかかわりについての一考察 ……………………橘   実千代(151)
子どもの自己活動を助ける遊具についての一考察―恩物を中心に― …福 田 規 秀(156)
発達退滞児の遊具を中心とした遊びの指導 ………………………………和 田   薫(161)
中国の幼児教育の現状―T.教師養成体系について― …………柴田るみ子・松本和美(167)
中国の幼児教育の現状―U.授業「常識」について― …………松本和美・柴田るみ子(173)
砂遊びへの一考察(1)―入園前の児童において― ……………………大 方 美 香(179)
『新・幼稚園教育要領』の基本による
「コーナー保育」(Open Education)の試み …………………………藤 田 博 子(185)
職業教育における学校と企業
―西ドイツ職業基礎教育学年制に即して― ………………………………寺 田 盛 紀(191)
中国の新制学長責任制における共産党と行政の分離について …………鄭     翔(197)
児童・生徒の一般人権・学習権保障をめざず研究の視点 ………………南 部 初 世(203)
地方教育行政研究の現状と課題 ……………………………………………石 村 雅 雄(208)
高齢者に対する大学開放
―熊本女子大学開放老人講座を事例として― ……………………………西 岡 正 子(213)
学校組織と生徒の意識 ………………………………………………………今 井   博(219)
一家団樂と教育(2)―団樂を必要としない子ども― …………………佐 野   茂(224)
歎異抄と社会教育原理 ………………………………………………………谷 川 守 正(230)
障害をもつ子どもと音楽とのかかわり ……………………………………川 島 浩 子(235)