本文へスキップ

TEL&FAX 075-753-3030
Mail kansai-educ@educ.kyoto-u.ac.jp
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科内

『関西教育学会年報』13号、1989年HEADLINE

ランゲフェルド生活世界論の教育学的意義…………………………………渡 辺 英 之( 1)
R.S.ピーターズの「道徳性」の概念…………………………………………林   泰 成( 5)
コールバークの認知発達理論―「認知構造」の概念をめぐって―………隈 元 泰 弘(10)
プラグマティズムと教育
―現代の教育におけるプラグマティズムの意味―…………………………上 寺 常 和(15)
ボルノーの「空間論」について………………………………………………広 岡 義 之(19)
異文化理解における出会いの意義―異文化聞教育に関する一考察―……吉 田 敦 彦(23)
柳田國男の教育思想―近代超克の教育原理を求めて―……………………鵜 野 祐 介(28)
柳田國男における「歴史教育」の構想
―特に「郷土研究」の意味について―………………………………………関 口 敏 美(32)
留岡幸助と地方改良事業………………………………………………………小 林 仁 美(37)
M.アーノルドの「教養」論における「ヘレニズム」の意義 ……………北 岡 宏 章(41)
櫻井恒次郎の体操科教授論に関する一考察…………………………………木 原 成一朗(45)
ソビエト中等教育における「選択学習」についての一考察………………山 崎 雄 介(50)
自由ヴァルドルフ学習の教育方法(2) ……………………………………田 野 尚 美(54)
ストローク概念から見た教育的働きかけについて…………………………島 崎   保(58)
教科成立前期における「話し合い」の教育方法
―1957年S幼稚園の実践記録について― …………………………………八 木 英 二(62)
子どもの発達と社会科―高校「現代社会」の授業をとおして―…………鈴 木 敏 昭(67)
乳幼児の基本的生活習慣に関する研究―食事行動とはしの使用―………西 本   望(71)
遊びを深める保育指導の研究(V)―教材分析表の作成― ……………雨森良子・上中修(76)
美術教育からの自然へのアプローチ―Artingをめぐって―………………久 山 まさ子(80)
幼児の音楽活動における動きの表現(W)
―音・動き・ことばの融合―…………………………………………………名須川 知 子(84)
乳幼児の発達に関する一考察…………………………………………………野々村 美 好(88)
幼児の実態把握についての一考察
―観察項目表の活用とその検討について―…………………………………篠 原 いくよ(92)
おもちゃ作りにおける幼児の競争・模倣・教え合い …堀真一郎・前田博子・清水久美子(96)
子育てにかかわる民間信仰について
―とくに鬼子母神信仰の現状調査からの試論(1)―……………………笹 辺 美和子(104)
アメリカの高等教育機関における継続教育………………………………西 岡 正 子(109)
高齢者教育の目的に関する調査研究………………………………………栗 田   修(114)
地域ぐるみの生涯学習体系の事例研究……………………………………谷 川 守 正(118)
学校教育における親の権利―現代イギリスの動向から―………………君和田 容 子(122)
L.シュワルツのグランゼコール論…………………………………………石 村 雅 雄(127)
一家団樂と教育(1) ………………………………………………………佐 野   茂(131)
学校組織の基本問題…………………………………………………………今 井   博(136)
障害児教育における人事行政―職員録を用いた分析手法―……………渡 部 昭 男(145)